みうらじろうギャラリー JIRO MIURA GALLERY
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町2−5 石倉ビル4階
Ishikura bld. 4F, 2-5, Nihombashi-Odenmacho, Chuo-ku, Tokyo, 103-0011
tel +81-(0)3-6661-7687
e-mail info@jiromiuragallery.com
open hours 12:00 - 19:00 Wednesday - Sunday
closed on Monday and Tuesday
top exhibitions artists books facebook blog access


COVID-19感染拡大防止について

みうらじろうギャラリーは、COVID-19感染拡大防止協力の立場から、ご来場の皆様に以下のお願いをしております。

・マスクを必ずご着用ください。
・芳名簿にご記帳後は、必ず備え付けの消毒用ジェルをお使いください。
・発熱など体調のすぐれない方はご来場をご遠慮ください。


おそれいりますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

美人画ボーダレス2020


美人画ボーダレス2020

会期:2020年6月27日(土)〜 7月12日(日)
12:00-19:00 月曜・火曜休


オープニングレセプションはございません。

2017年に刊行されて大きな話題となりました『美人画ボーダレス』掲載作家による2年ぶり2回目の展覧会です。江戸時代の浮世絵から連綿と続く「美人画」の系譜は、その時代の理想の女性像を映す鏡と言えます。多様化した現代を生きる作家の描く「美人画」はどうでしょうか。単に外面的な美しさを追求するのではなく、作家自身の考える美や理想とする生き方を表現するものであり、そういった作家の個性が表れた作品のみが観る者の心を掴むのです。

出品予定作家(五十音順、敬称略)
今井喬裕、加藤美紀、粉川江里子、紺野真弓、田村吉康、M口真央、ひらのにこ、平野実穂、松浦シオリ、松本潮里、山本大貴、米満彩子

協力:芸術新聞社


出品作品の販売方法について

抽選は終了いたしました。多くの方にご参加いただき御礼申し上げます。
まだ売約となっていない作品もございますので、どうぞ展覧会ページをご覧ください。
また、松浦シオリ作品は、エディション作品ですので、複数販売可能です。

"BIJINGA Borderless 2020"

June 27 sat. - July 12 sun., 2020
open : Wednesday - Sunday 12:00 - 19:00


We will not have an opening reception.

Artists : Takahiro Imai, Miki Katoh, Eriko Kokawa, Mayumi Konno, Yoshiyasu Tamura, Mao Hamaguchi, Miho Hirano, Nico Hirano, Shiori Matsuura, Shiori Matsumoto, Hiroki Yamamoto, Ayako Yonemitsu




終了した展示の作品も引き続きお取り扱いしております。

五ノ井愛/三谷拓也「まほろばに射す光2」
五ノ井愛/三谷拓也「まほろばに射す光2」

時に刺すように、時にすがるように、また時には突き放すようにこちらを見返す少女の眼、そして今にも言葉が漏れ出そうな唇。五ノ井愛の作品は観る者の心を翻弄する。そして、光と影が作品に深みを与え、抒情性を高め、さらに心の奥まで入り込むのです。
三谷拓也は、箔を巧みに使うなど日本画の画材を駆使し、余白を持つ日本画的な画面構成を用いながら、モチーフはフェティシズム全開の奔放さで、常に予想を超えた独自の世界を現出させる。

作品リストはこちらをご覧ください。

松山賢個展「野焼彫刻、写実絵画と酒器湯呑」
松山賢個展「野焼彫刻、写実絵画と酒器湯呑」出品作品は、引き続きお求めいただけます。

展示の様子は、松山さんの解説付きでこちらのビデオでご覧いただけます。

作品リストはこちらをご覧ください。

窯を使わず、野外で薪などを燃やして、粘土でつくったものを焼成する野焼き。やきものが発明された縄文時代から弥生時代、古墳時代の土師器まで、野焼きによって土器土偶などがつくられました。
西洋では写実的な表現は現れては消え、写真の発明を期に写実から離れる一方、その反動として、あるいは利用して、写真を元にしたリアリズム絵画も生まれました。
ヒトがモノを作り始めた原初より、用途のあるものもないものも、装飾や形を造られましたが、のちに主に使えるものの技法でつくったものは工芸として区分されるようになりました。
ヒトが「美術作品」をつくりはじめた原初的な造形から技巧的な作品までを、野焼きによる彫刻、酒器湯呑、写真のように見える油彩、鉛筆などによる写実絵画として、小品を中心として展示いたしました。


 レンタル希望者受付中!

町野好昭/根橋洋一「このマニエラを見よ」


町野好昭/根橋洋一「このマニエラを見よ」

会期:2020年7月1日(水)〜7月12日(日)
12:00-19:00 月曜・火曜休

Yoshiaki Machino / Yoichi Nebashi
"Look at their maniera"


July 1 wed. - 12 sun., 2020
open : Wednesday - Sunday 12:00 - 19:00



小伝馬町界隈アートMAP 地図をクリックしてください。

これからの展覧会 UPCOMING EXHIBITIONS

佐藤T個展「いつかまた会えると思っていた」


佐藤T個展「いつかまた会えると思っていた」

会期:2020年7月18日(土)〜 8月2日(日)
12:00-19:00 月曜・火曜休

SATO-T exhibition
"I thought we could meet again someday"


July 18 sat. - August 2 sun., 2020
open : Wednesday - Sunday 12:00 - 19:00



サワダモコ 個展 【LEFTOVERS】


〜残されたものたちへ〜

会期:2020年7月18日(土)〜 7月26日(日)
12:00-19:00 月曜・火曜休
Moco Sawada exhibition
"LEFTOVERS"


July 18 sat. - 26 sun., 2020
open : Wednesday - Sunday 12:00 - 19:00

Last day until 17:00


みうらじろうギャラリー
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町2−5 石倉ビル4階
電話 03-6661-7687
E-Mail : info@jiromiuragallery.com
ギャラリー地図 
東京都公安委員会 第301041206877号
JIRO MIURA GALLERY
4F Ishikura Building, 2-5, Nihombashi-Odenmacho, Chuo-ku,
103-0011 Tokyo, Japan
Tel : +81-3-6661-7687
E-Mail : info@jiromiuragallery.com
MAP