.

みうらじろうギャラリー JIRO MIURA GALLERY
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町2−5 石倉ビル4階
Ishikura bld. 4F, 2-5, Nihombashi-Odenmacho, Chuo-ku, Tokyo, 103-0011
tel +81-(0)3-6661-7687
e-mail info@jiromiuragallery.com
open hours 12:00 - 19:00 Wednesday - Sunday
closed on Monday and Tuesday
top exhibitions artists books facebook blog access


謹 告

5月4日に発表されました国の緊急事態宣言延長にともない、東京都の緊急事態措置も5月31日まで延長されました。
みうらじろうギャラリーは、引き続きCOVID-19感染拡大防止に協力するため、5月31日までギャラリーでの営業を停止いたします。
どうぞご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

そのため、4月13日より中断しておりました
松山賢個展「野焼彫刻、写実絵画と酒器湯呑」は、
残念ながらこのまま終了いたしますが、
メールでの購入お申し込み、作品についてのお問合せを継続して承っております。
展示の様子は、松山さんの解説付きでこちらのビデオでご覧いただけます。
https://bit.ly/2LxspvC
作品リストはこちらをご覧ください。


なお、5月23日より予定しておりました

「五ノ井愛/三谷拓也二人展『まほろばに射す光2』」は、
会期を 6月6日(土)〜6月21日(日)に変更いたします。
二人とも鋭意作品を制作しております。どうぞお楽しみに!


COVID-19の感染拡大は未だ予断を許さない状況にあり、
今後も会期の変更などの可能性がございます。
その場合は、再度、ホームページ等で告知いたします。
よろしくお願い申し上げます。


松山賢個展「野焼彫刻、写実絵画と酒器湯呑」


松山賢個展「野焼彫刻、写実絵画と酒器湯呑」

会期::2020年4月3日(金)〜 4月12日(日)
12:00-19:00 月曜・火曜休

窯を使わず、野外で薪などを燃やして、粘土でつくったものを焼成する野焼き。やきものが発明された縄文時代から弥生時代、古墳時代の土師器まで、野焼きによって土器土偶などがつくられました。
西洋では写実的な表現は現れては消え、写真の発明を期に写実から離れる一方、その反動として、あるいは利用して、写真を元にしたリアリズム絵画も生まれました。
ヒトがモノを作り始めた原初より、用途のあるものもないものも、装飾や形を造られましたが、のちに主に使えるものの技法でつくったものは工芸として区分されるようになりました。
ヒトが「美術作品」をつくりはじめた原初的な造形から技巧的な作品までを、野焼きによる彫刻、酒器湯呑、写真のように見える油彩、鉛筆などによる写実絵画として、小品を中心として展示します。

展示の様子はこちらのビデオをご覧ください。
https://bit.ly/2LxspvC

作品リストはこちらをご覧ください。

Ken Matsuyama exhibition
"Sculptures fired on the ground, photo paintings and earthenware cups"


3 April fri. - 12 April sun., 2020
open : Wednesday - Sunday 12:00 - 19:00


"No-yaki" is the way which makes the unglazed earthenware from clay by burning firewood on the ground without using a kiln.
Doki ( earthenwares ) and Dogu ( clay figures ) were made by "No-yaki" from the Jomon period when the erathenware was invented to the Yayoi period and Hajiki pottery in Kofun period.
In the West, the realistic expression appeared and disappeared. The invention of photography led the paintings to different way from the realistic expression, but on the other hand also the realism paintings based on photographs were born.
From the beginning when humans started making things, decorations and shapes were created for things whether had purpose or not, but those made with techniques that were mainly usable later became classified as crafts.
We will exhibit mainly small works from the original forms that human began to create "art works" such as the sculptures and sake cups by "No-yaki", to technical and sophistecated works such as the oil paintings that look like photographs and the realistic drawings by pencils.


Audrey Kawasaki New Print
「ephemeral〜少女たちの領域2019」に出品されましたオードリー・カワサキさんの作品をジクレープリントでエディションしました。限定300部のうち124部を販売いたします。売り切れの際はご容赦ください。
詳しくはこちらをご覧ください。
残部は2枚です。

Audrey Kawasaki's new print now on sale!
See this page.

The rest is 2 prints.

 レンタル希望者受付中!

櫻井美月 個展 【とけて しみて きえる】


櫻井美月個展 【とけて しみて きえる】
〜そこは、温かくやわらかな秘密の花園〜

TEAM-TAN 企画・主催


2020年6月6日(土)-14日(日)、8日(月)、9日(火)休み(7日間開催)
12:00-19:00、最終日17:00まで。


櫻井美月が一貫して描き続けるのは、思わず触ってみたくなる、そんな魅力に溢れた、ぷにぷにとしたやわらかな少女たち。それは等身大の存在であり、まるで体温までをも感じさせる存在感のある質感や、艶めかしい量感を持って描き出されています。可愛く、清楚で、官能的、全ての側面を合わせ持った存在。それが櫻井美月の描く少女なのです。
櫻井美月の描いた、魅惑的な少女たちが集う「秘密の花園」へ、ご招待いたします。ご来訪いただけましたら幸いです。


Sakurai Mizuki exhibition
"Melt, soak in and disappear"


6 June sat. - 14 June sun., 2020
open : Wednesday - Sunday 12:00 - 19:00 ( last day - 17:00 )

Produced by TEAM-TAN


Mizuki Sakurai has consistently drawn the soft and pliant female forms which overflow with so much charm that one finds an unexpected desire to reach out and touch them. It is a life-sized existence, drawn with a texture and presence that extends to one sensing their very body temperature. Cute, clean, and sensual qualities are all present to bring all the aspects of existence together. Those are the girls painted by Mizuki Sakurai. We invite you to visit the “Secret Flower Garden” where the enchanted girls painted by Mizuki Sakurai gather together. We would greatly appreciate your patronage.

小伝馬町界隈アートMAP 地図をクリックしてください。

これからの展覧会 UPCOMING EXHIBITIONS

五ノ井愛/三谷拓也「まほろばに射す光2」


五ノ井愛/三谷拓也「まほろばに射す光2」

会期::2020年6月6日(土)〜 6月21日(日)
12:00-19:00 月曜・火曜休

時に刺すように、時にすがるように、また時には突き放すようにこちらを見返す少女の眼、そして今にも言葉が漏れ出そうな唇。五ノ井愛の作品は観る者の心を翻弄する。そして、光と影が作品に深みを与え、抒情性を高め、さらに心の奥まで入り込むのです。
三谷拓也は、箔を巧みに使うなど日本画の画材を駆使し、余白を持つ日本画的な画面構成を用いながら、モチーフはフェティシズム全開の奔放さで、常に予想を超えた独自の世界を現出させる。
見た目の美しさの陰にダークさを併せ持つ二人の作品、各々約10点を展示いたします。


The light that shines on Mahoroba 2
Ai Gonoi / Takuya Mitani


6 June sat. - 21 June sun., 2020
open : 12:00 - 19:00 Wed.-Sun.


With a gaze that somtimes stabs, at other times engages, and at other times is thrust away, there is a mouth with words it earns to say. The works of Ai Gonoi play upon the hearts of the observer. Light and shadow additionally give depth to the work enhancing the lyrical characteristics which imbed themselves even deeper into the heart of those who look upon them.
Takuya Mitani, with an adept use of metallic leaf and other Nihonga materials, creates a Japanese art style with a space in which a world of fetishism is explored and reveals a world beyond one’s imaginings. There will be about 10 works for each artist exploring the darkness in the shadows of the beauty.







みうらじろうギャラリー
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町2−5 石倉ビル4階
電話 03-6661-7687
E-Mail : info@jiromiuragallery.com
ギャラリー地図 
東京都公安委員会 第301041206877号
JIRO MIURA GALLERY
4F Ishikura Building, 2-5, Nihombashi-Odenmacho, Chuo-ku,
103-0011 Tokyo, Japan
Tel : +81-3-6661-7687
E-Mail : info@jiromiuragallery.com
MAP