みうらじろうギャラリーbis JIRO MIURA GALLERY bis
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町2−5 石倉ビル3階
Ishikura bld. 3F, 2-5, Nihombashi-Odenmacho, Chuo-ku, Tokyo, 103-0011
tel +81-(0)3-6661-7687
e-mail info@jiromiuragallery.com
open hours 12:00 - 19:00 Wednesday - Sunday
closed on Monday and Tuesday
top schedule rental facebook access


COVID-19感染拡大防止について

みうらじろうギャラリーは、COVID-19感染拡大防止協力の立場から、ご来場の皆様に以下のお願いをしております。

・マスクを必ずご着用ください。
・芳名簿にご記帳後は、必ず備え付けの消毒用ジェルをお使いください。
・発熱など体調のすぐれない方はご来場をご遠慮ください。




【モルペウスの共生】 〜異界と耽美が織りなす世界〜


【モルペウスの共生】 〜異界と耽美が織りなす世界〜

会期:2020年10月21日(水)〜29日(木)
12:00-19:00(初日は15:00から)(7日間開催)
10月26日(月)、27日(火)休み
企画・主催 TEAM-TAN

出品作家:萌木ひろみ(大阪)/生熊奈央(静岡)


この度、注目の幻想美術作家、『萌木ひろみ(もえぎひろみ)』と、『生熊奈央(いくまなお)』による2人展【モルペウスの共生】を開催いたします。
萌木ひろみは、文豪、谷崎潤一郎の文学世界にインスパイアされた、耽美主義的絵画作品で知られていますが、今展では近年評価を高めている版画による作品を中心に展示します。絵画においては観念的な美を追求する彼女ですが、版表現においては、より官能的な美の世界へと誘います。
生熊奈央は、圧倒的に描きこまれた過密な表現で、異界を生み出していく、象徴主義的銅版画作品で知られています。彼女が生み出す世界は、現し世と僅かに重なりながらも、異形の者たちが跋扈するこの世ならざる世界です。
タイトルに登場する「モルペウス」はギリシア神話における夢の神であり、イメージに過ぎない夢や空想に形を与える役目を担います。幻想・夢想の世界に形を与える2人の作家は、まさにモルペウスの化身であると言えましょう。唯一無二の表現を貫く2人の思いが交錯し共生する、異界と耽美が織りなす世界をご堪能ください。

萌木 ひろみ (MOEGI Hiromi)
大阪府出身、大阪府在住。
京都嵯峨芸術大学芸術学部造形学科版画分野中退
兵庫県立ピッコロ舞台技術学校舞台美術科卒
主にアクリル画。その他にペン画やモノタイプ版画で制作

■ステートメント
内に秘めた情念や心の傷跡を込め、赤裸々に描き出しながら、近年では敬愛して止まない文豪「谷崎潤一郎」の、文学世界からインスパイアされた作品を中心に展開し、その端麗で豪奢な表現を取り込み、より耽美な世界を繰り広げている。

■主な個展
2012 【私の中のあの子の中の少女】(乙画廊/大阪)
2013 【さようなら、おかえりなさい】(アートスペース亜蛮人/大阪)
2014 【TSUKIMONO】(乙画廊/大阪)
【けものがれ】(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)
2015 【生体と標本と】(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)
【生体と標本と】巡回(乙画廊/大阪)
2016 【-痴人たちの愛-】(乙画廊/大阪)
2017 【-痴人たちの愛-】巡回(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)
2018 【こんにちは、初めまして。】(Artist Promotion Gallery Freestyle/横浜)
【痴人たちの愛〜beyond〜】(乙画廊/大阪)
2019 【卍】(みうらじろうギャラリーbis/東京)、巡回(乙画廊/大阪)

■主なアートフェア
2013 【ACT ART COM Art & -Design Fair 2013】(美樂舎ブース,、ACT/東京)
2013, 14 【Freelance Art Directors’ Fair】(TEAM-TANブース,、ACT/東京)

その他、グループ展やイベントを中心に展示多数。

■主な受賞
2018, 19 日本版画協会 版画展 入選

生熊 奈央 (IKUMA Nao)
静岡県出身 静岡県在住。
2007 ホラー漫画家として商業誌デビュー。現在はほぼ活動停止中。
2013 多摩美術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻版画研究領域修了
版画協会会員

■ステートメント
主に銅版画のエッチング技法で異界の風景を描いています。

■主な個展
2011 【生熊奈央 銅版画展】(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)
2012 【過密な肖像】(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)
2014-17, 19 【生熊奈央 銅版画展】(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)
2014 【phenomenon】(乙画廊/大阪)
2015 【mediums】(乙画廊/大阪)
2017 【The sublime】(乙画廊/大阪)
【夜の果てへの旅】(アスタルテ書房/京都)
2018, 20 【生熊奈央作品展】(アスタルテ書房/京都)

その他、グループ展やイベントを中心に展示多数。

■主な受賞歴
2013 第81回日本版画協会版画展 新人賞(立川賞) 受賞
2016 第84回日本版画協会版画展 B部門奨励賞 受賞
2019 アワガミ国際ミニプリント展 審査員賞(三木哲雄賞) 受賞
第87回日本版画協会版画展 準会員佳作賞 受賞

■主なイベント
2018 「金沢湯涌創作の森」アーティストインレジデンスに参加。

この後の予定

みそら 個展 【小さな祈り】〜夢と現のあわいの世界〜


みそら 個展 【小さな祈り】〜夢と現のあわいの世界〜

会期:2020年10月31日(土)〜11月8日(日)、11月2(月)、3(火)休み
12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
企画・主催 TEAM-TAN


この度、2年ぶりとなる「みそら」の個展【小さな祈り】を開催いたします。
みそらが描き続けているテーマは「逢魔が時」。それは日常のそこかしこにひっそりと潜んでいる闇や、隠れていた常世の入口が、何かの拍子にふらりと姿を垣間見せる時。瞬きする間に、それは消えてしまうような、そんなひと時の幻想でありながら、確実にその気配を感じさせる時がある。その気配の向こう側にある世界と現世が交錯する瞬間を、彼女は描き止め、我々に見せてくれるのです。
〜夢と現のあわいの世界〜
眼球が瞬きの合間に捉えた愛しきモノたち。みそらの作品世界を、どうぞごゆっくりお楽しみください。

みそら (MISORA)
大阪府出身、大阪府在住。


■ステートメント
視界の端、私の眼球が瞬きの合間に捉えるモノたち。
月明かりの中、足元に蟠る一際濃い影の中を蠢き、寝間の毛布から出た冷たい頬に触れていく温度の無いモノ。
そんな、夢と現のあわいに存在するモノたちを描いています。
少し不気味で奇妙に美しい私の中のそれらを見ていただければ嬉しいです。


■主な個展
2011 【夢うつつ】(Gallery 銀座フォレスト:東京)
2013 【夜明け前】(アートスペース亜蛮人:大阪)
2014 【ソラガタリ】(アートスペース亜蛮人:大阪)
2018 【閉じられたお部屋】(画廊 喫茶 Zaroff:東京)

■主なグループ展
2013 【Four witches 〜四つの魔性〜】(The Artcomplex Center of Tokyo:東京)
2014 【Four witches 〜四つの魔性V〜】(The Artcomplex Center of Tokyo:東京)
2015 【Four witches 〜四つの魔性W〜】(The Artcomplex Center of Tokyo:東京)
【猟奇歌】〜夢野久作へのオマージュ(nearly equal gallery:大阪)
亜蛮人年末展(アトリエ三月:大阪)
2016 【瞳の中の迷宮】(アトリエ空白:大阪)
【猫の中の猫】(乙画廊:大阪)
二人展【少女はここにいない】(画廊 喫茶 Zaroff:東京)
【Four witches 〜四つの魔性Y〜】(The Artcomplex Center of Tokyo:東京)
二人展【牧野修の世界】(喫茶室ピッコロ+bギャラリーA:兵庫)
2018 【常夜の宴】(SUNABAギャラリー:大阪)
2019 【忘れじの面影】(画廊 喫茶 Zaroff:東京)
【秘密の花園】(SUNABAギャラリー:大阪)
【Triad】(SUNABAギャラリー:大阪)
【NaniwaGirlie&Bolie La beaute】(ギャラリー メゾンダール:大阪、東京巡回)
【夜ごとの美女】(画廊 喫茶 Zaroff:東京)
【トライアド 三和音】】(SUNABAギャラリー:大阪)
2020 【夢で逢いましょう】(画廊 喫茶 Zaroff:東京)

■主なアートフェア・芸術祭
2015 【ART FAIR ASIA / FUKUOKA 2015】
アートスペース亜蛮人ブース(ソラリア西鉄ホテル:福岡)
2018 【ACT ART COM -Art & Design Fair 2018】
丹伸巨ブースで個展形式で出展(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)

その他、グループ展を中心に展示多数。





みうらじろうギャラリーbis
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町2−5 石倉ビル3階
電話 03-6661-7687
E-Mail : info@jiromiuragallery.com
ギャラリー地図 
東京都公安委員会 第301041206877号
JIRO MIURA GALLERY bis
3F Ishikura Building, 2-5, Nihombashi-Odenmacho, Chuo-ku,
103-0011 Tokyo, Japan
Tel : +81-3-6661-7687
E-Mail : info@jiromiuragallery.com
MAP